アオリイカ

↓こちらはshopの掲示板にのせた写真

一枚目の写真の方が光もきれいに回っているし、ピントもまあ、あっているし、構図も悪くない。
二枚目は一枚目より寄れているけど、寄りすぎて光が回らず右側が光っているし、構図的にも変な重なり方をしているし、切れてるし、ピントも奥に行ってしまっている。

でも、なんか二枚目の写真の方が好きなんだよな。そういう計算できない不完全さとか”あら”が妙に好ましく感じるのです。多分その不完全さとか”あら”の裏に自分の冷静さを欠いた必死さとか思いを感じるんだと思う。そりゃ、ぼろぼろのアオリイカが4ペアーでバンバン産卵してたらぶちきれてシャッターを切りまくりますよ、誰だって。エキジットした時エアーが10しか残ってなかった事はここだけの秘密です。「写真は記録だ」という原点に立ち返って、初心忘れるべからず。

皆さんは一枚目の写真の写真と二枚目の写真とどちらが好きですか?

大瀬崎、2010/08/30、Canon EOS 5D、ISO400、1/40 秒、f7.1、15mm

ニセネッタイスズメ

ずいぶん色の悪いネッタイスズメだな~なんて失礼なことを思っていたら、、、、調べてみると別種みたいです。4年前のまだ一眼始めたてのころに撮ってるんですが、、、、初心忘れるべからず。

沖縄、2010/08/19、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/100 秒、f8.0、60mm

地形

沖縄、2010/08/18、Canon EOS 5D、ISO400、1/60 秒、f6.3

テングカワハギ

これもよくいるけどなかなか撮らせてもらえない。なんかそういうの多いよな。

沖縄、2010/08/18、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/60 秒、f6.3、60mm

デバスズメ

普通が一番だね~。珊瑚もきれいだし。

沖縄、2010/08/18、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/125 秒、f8.0、60mm

デバスズメ

沖縄の海ならどこにでもたくさんいますけど、難しい被写体。何回もチャレンジしていますがうまくいきません。

沖縄、2010/08/20、Canon EOS 5D、ISO200、1/100 秒、f10.0、15mm

マルスズメダイ

尾びれのひらひらが魅力のマルちゃん。表情もなかなかの美人さんです。でもちょっと気が強そう。

沖縄、2010/08/19、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/100 秒、f8.0、60mm

チョウハン

あまり人気のある被写体ではありませんが、、、、、今回は、あまり人気の無いいわゆる普通種を結構撮ってきました。

沖縄、Canon EOS 5D、2010/08/19、1/200、f10.0、ISO200、15.0mm

スミツキベラyg

何回も見ているのにブログにUPするのははじめてみたいです。確かに臆病でなかなか撮らせてもらえない子ですよね。

黒島北、Canon EOS Kiss Digital X、2010/08/18、1/125、f8.0、ISO100、60.0mm

アオウミガメ

慶良間のアオウミガメはなぜかとっても甲羅がきれいです。

イバラタツ

タツの仲間って絵になりにくいですよね。いつもそっぽ向くし下向いているし。写真では出せてないけどこのイバラ、大きくてきれいな個体でした。

大瀬崎、2010/08/14、Canon EOS Kiss Digital X

アシカ

あれから(ガラパゴスに行ってから)もう2ヶ月、まだ2ヶ月。。。。。。つい昨日のような、ずいぶん昔の話のような。。。。

で、デジタルカメラマガジン9月号一般投稿部門で入選しました。
 ↓
http://ganref.jp/photo_contests/winners/198

ミノカサゴ

大瀬崎先端のミノカサゴ。2個体がたまたま重なるように、、、、、、、、、

アカタマガシラyg

また、掲示板で名前を教えてもらっちゃいました。いつもすみませんね~

クロヘリイトヒキベラyg

ま、これが本当にクロヘリygかどうかなんか分からないのですが、、、、この辺はイトヒキベラ系のygだよって教えてもらったので。

トゲチョウチョウウオ

先々々週の写真です。もう先週末はこのステージより大きい個体が多いです。魚の成長は本当に早いです。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2010/07/31、1/100、f8.0、ISO100、60.0mm

ナガハナダイ

大瀬崎先端の定番メニュー。婚姻色MAXでよいのですがひれを開いてくれません。ていうかシャッターのタイミングが悪い。でも、婚姻色MAXのときは泳ぎまくるので鰭を開いているときはちょっと婚姻色が薄くなるんだよね、ていうのはいいわけです。

大瀬崎、2010/07/24、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/125 秒、f8.0、60mm

ヒトデヤドリエビ

オオアカヒトデについていました。とはいえ、右側の個体はずいぶん巨大ででっぷりですよね。左側のピンのきてないほうが普通サイズのような感じです。

大瀬崎、2010/08/08、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/100 秒、f8.0、60mm

ハナオトメウミウシ

ブログの記事によるとるりすずめさんは↓ここに萌えるらしい、、、、

お、撮りやすいところにいるじゃないか、、、、この触覚に萌えるのか~。などと思いながら、その崇高なる感覚は私ごときにはわからないな~、どのへんに萌えるのかな~と、集中してファインダー越しに触覚を見ていると珍しくガチピンが来た。これぞ無欲の集中力だ。悟った!と思ったけど、、、、そのあとピンボケを量産しているところ見ると勘違いだったみたいです(笑)。

大瀬崎、2010/07/31、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/60 秒、f9.0、60mm

オキザヨリyg

水面に写って2匹いるようにも見えます。下顎のベロンと出ているところが気になるな~

大瀬崎ナイト、Canon EOS Kiss Digital X、2010/08/07、1/100、f8.0、ISO100、60.0mm

イソギンチャクエビyg?

なんか尻尾の模様が違うんだけど、、、、足や頭の感じはイソギンチャクエビなのでygということで(笑)。同じイソギンチャクにカザリイソギンチャクモエビがいました。

大瀬崎、2010/08/08、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/100 秒、f6.3、60mm

モンガラカワハギyg

葉山で外したモンガラカワハギygのリベンジを大瀬崎で、、、、、

この色柄だと露出が難しいですね。STTLオートで撮ると水玉が間違いなく飛びます。かといって暗くすると目が写りません。水玉を飛ばさないように目も解るように写したいね。この写真だとちょっと水玉が飛び気味ですが、目はなんとか解ります。どこで折り合いをつけるかだな~。頭の黄色が出ていないうちに会いたかった。

大瀬崎、2010/08/08、KissX

イサキ

地味なイサキですけど、、、、、何千匹もの群れにブリがアタックしているので固まってくれる。10匹以上の群れで狩りをしています。でも、ブリは動きが速過ぎて捕らえることが出来ませんでした。

何千匹→何百匹かも
ブリ→本当はワラサだったかも
10匹以上→本当は7~8匹ぐらいだったかも
動きが速過ぎて→へたくそだから

ダイバーとはちょっと大げさに言うものなのです。最近のはやり言葉では”盛る”って言うみたいですね(笑)。
話をちょっと盛ってみました。

大瀬崎、Canon EOS 5D、2010/08/07、1/125、f8.0、ISO320、15.0mm

タテガミギンポ

川奈のエントリー口のアイドル、タテガミギンポ。水深が1mもないところなので、波に翻弄されながら、人の往来を気にしつつ、ギャル軍団の白い目に耐えつつ、タンクを水面出しつつ、ガイドさんに体を抑えてもらって、妙に粘る、たいていロクハンを着ている、そんな変態ダイバーを、今までは階段の上のセッティング場所から、「ぷぷっ」と生暖かい目で見ていたのですが、、、、、この日は潮位もあり(といっても水深1mぐらい)、べたなぎ、人も少ない、、、、、こっそり撮ってきました。よく見ると紅白のタテガミがかっこいいな~。やっぱり普通種のイソギンポとは違うな~。変態ダイバーと勘違いされるのでこのことは秘密です。

川奈、2010/08/01、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/125 秒、f8.0、60mm

theカエルアンコウ

ナイトにて、エスカをぶんぶん振り回していました。

大瀬崎、2010/07/25、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/125 秒、f11.0、60mm

タカベ

柵下でサクラダイを撮っていたら突然、タカベが攻めてきた。で、あっという間に行ってしまった。やっと3回ほどシャッターを切ったがムチカラマツの間を縫うよう泳いでいった。なんだったんだろう???すんごいスピードといきおいだった~。

大瀬崎、Canon EOS 5D、2010/07/24、1/80、f7.1、ISO400、15.0mm

フウライチョウチョウウオyg

子供店長(テングチョウチョウウオyg)かとも思ったけど背中に点があるのでTheチョウチョウウオygかな。今年は季節来遊魚(最近は死滅回遊魚じゃないらしい)に期待大ですね。

大瀬崎、2010/08/01、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/100 秒、f13.0、60mm

アーチを撮るダイバー

この時、きれいだったな~。ファインダーをのぞいていると凛とした神々しい気持ちになるほど、、、、肉眼で見るよりもさらに透明感ときらきら感が増すんですよ。これだけで180度対角魚眼レンズと光学ファインダーを使う価値があるかもしれません。でも、撮って液晶に写してみるとがっかりなんですよ。人間の目って不思議ですよね~。

八丈島、2010/07/16、Canon EOS 5D、ISO320、1/200、f9.0、15mm

ハクセイハギ

葉山でも大瀬崎でもモンガラカワハギygが出ているみたいですね。そこで本日は八丈島のゴミたまりの中にいたハクセイハギyg。。。。似てないか。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2010/07/16、1/80、f7.1、ISO100、60mm

キンギョハナダイ

ナズマドのスミレ根のちょっと手前に、妙にキンギョの固まる溝がある。そんなに流れているわけではないのに、、、、個体数はちょっと少なめだが要チェックだな。もうちょっと上手く撮れば絵になりそう。しかもピンが後ろだ~(涙)。ま、CANONのせいということで、、、、

八丈島、Canon EOS 5D、2010/07/19、1/125、f6.3、ISO320、15.0mm

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2