アシカ

ガラパゴス初日、サンクリストバル島にてチェックダイブ。

港でマスククリアーとレギュレーターリカバリーをやらんきゃいけないらしいのだけど、、、、無視してアシカとおっかけっこ、、、というよりアシカにバカにされた。憎たらしい表情ばかりですよね。ちくしょー!バカにしやがって!

ちなみにサンクリストバルの町ではアシカは野良犬状態でそこら辺に転がっていました。


伊豆の風景

あ~、さて~、番組の途中ですが、伊豆より中継が入っているのでお伝えします。

 遠征から帰ってくると、温帯の海の魅力を再確認する。このソフトコーラルの感じはまさに伊豆ならではの景色。生物の多様性は世界一といって過言ではないだろう。四季があり、暖流と寒流がぶつかり、駿河海溝からのわきあがりもあり、本当に豊かな海です。

17度の伊豆の海からお伝えしました~。

川奈、Canon EOS 5D、2010/06/27、1/30、f7.1、ISO400、15.0mm

マンタ

ノースセイモアー島

昨日の地味な魚を激流の中、よりよりで撮っていると、なんと群れの向こうにマンタが、どどーん!っといるではないか!?あわててマンタを撮るのであった。あ~忙しい!!

でも、激流の中もたもたしているうちにゆったりと潮に向かってマンタは去っていくのであった。

BURRITO GRUNT

ノースセイモア島

すごい密度だな~。
寄れるな~
↓調子乗ってよりより

で、夢中でシャッターを切っていると思わぬアクシデント起こるのであった。。。。。

ジンベエザメ

良い角度からアプローチから出来たのに、、、、ストロボの光が届いて無いじゃん(涙)。

↓そして、また後ろからの写真を量産するのでした(涙)。

ジンベエザメ

ジンベイ→×
ジンベエ→○
みたいですね。

模様が着物の甚兵衛に似ていることから名づけられたそうですけど、、、、なんかいまいちなセンスだな~。英名のwhale shark (ホエール・シャーク)のほうがかっこいいよ。和名もクジラザメ(鯨鮫)のほうがよかったんじゃないの。

↓一生懸命泳ぐんだけど後姿ばかりになってしまうのでした。

ジンベイザメ

今回のガラパゴス遠征で一生分の甚平鮫を見てきました。ダーウィン島で合計8本潜った中で甚平を見れなかったのは2本だけ、1本で3個体見たり、2個体がすれちがったり、合計で15回ぐらいは見た。そー言えば船の上からも船のすぐ隣を泳いでいるのも見た。すごかった。恐るべしガラパゴス!

ダーウィン島、Canon EOS 5D、2010/06/19、1/60、f5.0、ISO250、15.0mm

コンシボリ

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2010/05/13、1/100、f11.0、ISO100、60.0mm

モンハナシャコ

八丈島、Canon EOS 5D、2010/05/14、1/80、f7.1、ISO200、24.0mm

ダンゴ

女川、Canon EOS Kiss Digital X、2010/05/22、1/125、f4.0、ISO100、60.0mm

アカマツカサ

八丈島、Canon EOS 5D、2010/05/14、1/25、f4.5、ISO800、24.0mm

イロカエル

八丈島、 Canon EOS Kiss Digital X、2010/05/13、1/100、f5.6、ISO100、60.0mm

アキギンポ

女川、Canon EOS Kiss Digital X、2010/05/22、1/125、f8.0、ISO100、60.0mm

ウミガメ

八丈島、Canon EOS 5D、2010/05/15、 1/160、f8.0、ISO200、24.0mm

クサフグ

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2010/06/03、1/60、f7.1、ISO100、SIGMA17.0 - 70.0mm、30.0mm

ナベカ

葉山、Canon EOS Kiss Digital X、2010/06/03、1/200、f7.1、ISO100、SIGMA17.0 - 70.0mm、48.0mm

カジメ

葉山、 Canon EOS 5D、2010/06/03、1/50、f9.0、ISO200、15.0mm

オランウータンクラブ

明日より10日間(23日まで)ブログの更新とコメントのフォローを”陸上調査班”が行います。よろしくお願いします。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2010/05/13、1/125、f5.0、ISO100、60.0mm

キンギョハナダイ

八丈島、Canon EOS 5D、2010/05/14、1/40、f6.3、ISO400、24.0mm

八丈島、Canon EOS 5D、2010/05/15、1/60、f7.1、ISO320、24.0mm

トビギンポ

すごい擬態ですね。

八丈島、2010/05/14、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/100 秒、f2.8、60mm

↓絞る(f11)とこんな感じ

やっぱり凄い擬態だ。

クロカエルyg

もうちょっと絞るべきでした。。。。

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2010/06/04、1/60、f4.5、ISO100、SIGMA17.0 - 70.0mm、57.0mm

ヤセオコゼyg

どの角度が好きですか?正面、横、斜め前。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2010/05/29、1/125、f6.3、ISO100、SIGMA17.0 - 70.0mm、57.0mm

ナツメガイ

ずいぶん前の写真ですが、まだ掲載したことがないウミウシなので。

大瀬崎ナイト、2010/03/22、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/125 秒、f11.0、60mm

ベルセッラ・カリフォルニカ

また、和名の無いウミウシです。

女川、2010/05/22、1/125、f8.0、ISO100、60.0mm

シフォプテロン・クアドリスピノーサム

和名が無いとなんとなく親しみがわかないな~。中国(台湾の人も)の人ってわかりやすい通称を自分で設定するみたいですね。

八丈島、2010/05/13、KissX

キマダラウミコチョウ

八丈島、2010/05/13、Canon EOS Kiss Digital X、ISO100、1/100 秒、f13.0、60mm

 なんかよくわからないけどtwitterを初めてみた。いまいちよくわからないんだけどtwitterやってる人IDを教えてください。何事も経験だからね。

 でも、考えてみるとこのブログもぶつぶつと単なるつぶやきというか独り言みたいなものなんだけど、、、、、
あなたもつぶやいてみませんか?

デカダンゴ.Ver.Pink

このダンゴもでかいですね。無理やりかわいく撮ってみましたけど、、、、、

女川、Canon EOS Kiss Digital X、2010/05/22、1/125、f5.6、ISO100、60.0mm

アオウミガメ

なんか、、、、マニアックなネタの時のほうがカウンターが回るのです。最近のヒット商品は「ウミクワガタ」と「クチバシカジカ」、、、、、

八丈島、Canon EOS 5D、2010/05/14、1/100、f7.1、ISO200、24.0mm

アケボノウミウシ

本当の見た目はもっときれいです。6cmぐらいの大きな個体だったので引かないと全身が入らない。透明度が悪い(2m~3m)とちょっとでも引くとダメダメですね。しかもマボヤを前ボケに入れようなどと余計なことを、、、、でも北方系のレアものみたいなので、、、、ミカンみたいできれいだな。

やっぱり、マクロこそズームだなと、SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROをもう一回ひっぱりだしてみようと思うのでした。

女川、2010/05/23、KissX、60mm

ベニクラゲ

なんでも、このクラゲ不老不死らしい。。。。。そおいうこと研究してる人って本当にいるんだな~。マモーだけかと思ってた。

八重根のアーチを目指して中層を移動中。ふと目にとまった見慣れない1cmにも満たないクラゲ。全く目標物もない水深6mのブルーウォーター。足元は水深15mぐらいか。ダイビングスキル(中性浮力)の無さを実感する。ほかの種類のクラゲもいたが撮れなかった(涙)。ショップの掲示板にも載せてもらいましたが、別カットを。中層ダイビングあなどれないぞ~。

八丈島、2010/05/13、KissX、60mm

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2