ナガレモエビの一種

こいつも擬態上手です。大瀬崎のユビノウトサカについていたのに似ています。

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/19、1/100、f8.0、ISO100、60.0mm

オニヒトデ

嫌われ者のオニヒトデ、、、、絵にしてみましたが、、、、、

宮古島、Canon EOS 5D、2009/07/19、1/100、f5.6、ISO200、24.0mm

カスリイシモチ

もっとノンダイバーにはわからないぞ~。ってダイバーだってこんな地味なの興味ないか~。

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/17、1/100、f9.0、ISO100、60.0mm

カエルアンコウ

見つめあっています。左が♂で右が♀かな?

川奈、Canon EOS 5D、2009/07/26、1/60、f9.0、ISO200、24.0mm

インドカエルウオ

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/19、1/125、f8.0、ISO100、60.0mm

ミナミハタタテダイ

ハタタテシリーズ第2弾。といってもこれでおしまいですけど(笑)

宮古島、Canon EOS 5D、2009/07/16、1/60、f6.3、ISO200、24.0mm

ハタタテハゼ

沖縄ではどこのポイントでも極めて普通種。もっと、一生懸命、撮りたい!
ヘルフリッチ、アケボノハゼとは単なる色違いだと思うんだけど、、、、

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/17、1/200、f9.0、ISO100、60.0mm

イシガキカエルウオ

沖縄ではどこのポイントでも極めて普通種。でも笑顔が素敵だね。もっと、一生懸命、撮りたい!
背鰭の透け具合が気に入った1shotです。

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/19、1/125、f5.0、ISO100、60.0mm

イソギンチャクモドキカクレエビ

ユキンコボウシガニと一転してこいつは悪役ですね。いや、見た目ね。

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/18、1/125、f5.6、ISO100、60.0mm

ユキンコボウシガニ

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/17、1/60、f5.0、ISO200、60.0mm、ノーストロボでダークバスター光

黒抜きも撮りました。

1/100、f9.0、ISO100、60.0mm

最近、流行のユキンコボウシガニ。青抜きと黒抜きとどちらがお好きですか?

イロカエルアンコウ

イロでしょうかオオモンでしょうか?なにも宮古島でカエルアンコウもないけど。せめてレンズを持っていけばよかった。そーすれば2日目からは15mmに換えらたのに。

宮古島、Canon EOS 5D、2009/07/18、1/40、f6.3、ISO200、24.0mm

アデヤカゼブラヤドカリ

今回の宮古島では、ほとんどのダイビングで2台体制で潜った。大変だけど一粒で二度おいしい感じ。余分なもの(フロート、2灯目のストロボ)をはずして2台持っていくのはありだな。一番問題の頭の切り替えも”慣れ”の問題かな?何よりミスだったのはせっかくの宮古島なのに24mmをつけていってしまったこと。15mmだろう!!リベンジだな。(いつもリベンジじゃんって突っ込みは入れないこと)

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X,2009/07/17,1/100,f8.0,ISO100,60.0mm
もうちょっと絞るべきでした。目と挟み足にはピンをあわせたいね。

ムラサキゼブラヤドカリ

綺麗系ヤドカリ。南の島にはいろんな種類がいてうらまやしい。それにしても動物で紫色ってあまりないよね。綺麗な色だね。

宮古島、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/16、1/100 秒、F14、ISO200、60.0 mm

珊瑚礁

宮古島の水温は30度あります。先週の週末は16度きっていたとことを考えると天国です。

宮古島、Canon EOS 5D、2009/07/16、1/60 秒、F5.6、ISO200、24mm

ヒフキヨウジ

こおいう地味系では伝え切れていないような気がします。綺麗系、可愛い系は見た目より良く撮れることが多いのだけど地味系では摩訶不思議度が写真ではダウンしてしまいます。腕か?

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/12、1/100、f8.0、ISO200、60.0mm

シュスツツミガイ

卵が写っていました。

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/12、1/100、f8.0、ISO200、60.0mm

カエルアンコウ

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/12、1/100、f5.0、ISO200、60.0mm

アミウツボ

砂地の穴の中にいる珍しいタイプのウツボです。臆病で近寄ると穴の中に隠れてしまいます。

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/12、1/100、f8.0、ISO200

ミジンベニハゼの卵

昨日の写真の真ん中をトリミングしただけです。これなら卵が分かりやすいでしょ。ミジンベニハゼのハッチアウトは親が口でくわえて(?)巣穴から出すらしいです。ぜひ、見てみたいな~。だれか動画で撮ってきてくれないかな~。

ミジンベニハゼの卵

全く目が見えていませんね。何時、孵化するのだろう?

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/11、1/100、f9.0、ISO200、60.0mm

クロホシイシモチ

川奈、Canon EOS 5D、2009/06/21、1/40、f7.1、ISO250、24.0mm

カラスキセワタ玉

まだ寒さの残る頃、カラスキセワタが大発生していました。かなりきもかったです。ネタ切れにならなければUPすることの無い写真ですけど、インパクトはあります。これでメロンぐらいの大きさがありました。いったい、何匹で固まっているのでしょうね(笑)

江富海岸、Canon EOS Kiss Digital X、2009/05/09、1/125、f9.0、ISO100、60.0mm

イバラタツ

ネタ切れで随分前のですが、、、、綺麗な個体なのですが。。。。また会いたいね。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/06/13、1/100、f13.0、ISO200、60.0mm

ツバメウオ

モルディブ、Canon EOS 5D、2009/06/02、1/160、f7.1、ISO200、f15.0mm

カワリイソギンチャク

たまにはこんなんも撮ってみたりして。

IOP、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/05、1/100、f4.0、ISO200、60.0mm

イチモンジハゼ

ザラカイメンって写真で撮ると綺麗ですね。背びれの美しさが際立ちます。

IOP、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/05、1/100、f9.0、ISO200

アカイソハゼ

スランプの時はいつもの撮りかたではない撮りかたをしたらいいよって、教えてもらったことがあります。

IOP、Canon EOS Kiss Digital X、2009/07/05、1/100、f5.0、ISO200、60.0mm

イボイソバナガニ

りっぱな♂です。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/06/20、1/100、f13.0、ISO200

イネゴチ

イネゴチの目って綺麗だったんですね~。今度、マクロでアップをねらってみよっと、、、、、

大瀬崎、Canon EOS 5D、2009/06/20、1/40、f6.3、ISO320、24.0mm

ヒメフエダイ

モルディブ、Canon EOS 5D、2009/06/02、1/100、f7.1、ISO250、15.0mm

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2