不明貝

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/21、1/100 秒、F10、ISO100、57.0
mm、SIGMA17-70

カスミミノウミウシ

江富海岸、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/21、1/125 秒、F9.0、ISO100、57.0 mm

不明エビ

やたらといっぱい居ます。ウジャウジャ居ます。でも名前が分かりません。

江富海岸、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/21、1/125 秒、F9.0、ISO100、57.0 mm、SIGMA17-70

カクレエビsp

ソメンヤドカリとベニヒモイソギンチャクと共生しています。三者共生ということでよいのでしょうかね。ヤドカリだけにも付くみたいですけど。ハナハゼの三者共生は有名です。この三者共生がよくわかるクリアーな写真を切望しているのですけど、ソメンヤドカリとベニヒモイソギンチャクとカクレエビspの共生も撮りたいな~。条件は、ヤドカリはハサミアシ、第一、第二触覚、目、目の軸などがはっきり写っている事。背負っている貝や足、イソギンチャクは多少切れていても容認。ベニヒモイソギンチャクは全開。カクレエビspはペアーで2匹の目にガチピンで全身が写っている。黒抜きで浮遊物はなし。こんな写真を私は撮りたい!

江富海岸、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/21、1/125 秒、F9.0、ISO100、57.0 mm

トガリモエビsp

このトガリ具合はまさにトガリモエビです。何の必要性があってそのフォルムなんでしょう?そこまでとがらなくても良いだろう?

江富海岸、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/21、1/125 秒、F9.0、ISO100、36.0 mm

ウナギギンポ

通称「ウナピョン」。いや~たまりませんな~。この表情!背びれの模様!

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/22、1/125 秒、F6.3、ISO100、57.0 mm

ボロカサゴ

初めて見ました。それにしても凄い人だかりで、浮遊物が凄くて、、、ま、証拠写真ということで。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/21、1/100 秒、F7.1、ISO100、33.0 mm、SIGMA17-70

ヨソギyg

綺麗なソフトコーラルの間にヨソギygが居たので絵になるかな~と思ったのですが、、、、やっぱりヨソギは地味でした。

富戸、 Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/09、1/80 秒、F5.6、ISO200、44.0
mm、SIGMA17-70

キンメモドキ

この時期にキンメモドキの群れがこんなんでいいんだっけ?ま、いっか。ノーストロボです。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/08、1/80 秒、F4.5、ISO100、17.0 mm、SIGMA17-40

ヒラメ

大きくて、おいしそうだったな~。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/14、1/125 秒、F11、ISO100、17.0 mm、SIGMA17-70mm

タカノハダイyg

海藻はマメタワラでしょうか。ちょこんと小さなタカノハダイが。冬の風景だな~。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/08、1/125 秒、F8.0、ISO100、53.0 mm

ササハゼ

去年秋、なんか妙にハゼに縁がなくて、非常に不満に思っていたのですが、季節外れにササハゼに出会って妙にラッキーって思うのであった。今年の秋こそはハゼをたくさん撮るぞ~!

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/08、1/125 秒、F8.0、ISO100、57.0 mm、SIGMA17-70

ツノザヤウミウシ

ツノザヤ系のウミウシが大瀬崎にはたくさん居ます。ほとんどネコマタギ状態です。すげ~な。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/14、1/100 秒、F13、ISO100、57.0 mm

クチナシツノザヤウミウシ

取り急ぎ、、、、関係者各位に感謝を込めて、、、、

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/14、1/125 秒、F11、ISO100、33.0 mm

ヤリイカ

また、イカです。

大瀬崎、Canon EOS 5D、2009/02/08、1/125 秒、F4.5、ISO100、24.0 mm、SIGMA24mm

ミギマキ

失敗写真ですが、、、、リベンジを誓って。なんでも、ここでは、ミギマキが100匹ぐらいの群れになるらしい。写真には20個体程度がぱらっといるだけでダメダメですが、ぜひミギマキの100匹の群れをGETしたい物です。

八丈島、Canon EOS 5D、2009/01/11、1/125 秒、F5.6、ISO400、24.0 mm、SIGMA24mm

ビシャモンエビ

ビシャモンエビは背中の3つの突起が特徴。この突起が立派なほどかっこいいと思う。小さい個体だと小さいし、大きくメタボだと突起が小さく見えます。コイツはかっこいいな~。

大瀬崎、Canon EOS Kiss Digital X、2009/01/24、1/100 秒、F10、ISO100、57.0 mm 、SIGMA17-70

シェルドライ(CONTOUR" By Beaver Sports )

初めての器材レポート記事。ちょっとブログの趣旨には反しますが、たまには。

 ポチポチしていたらこんなものが家に届きました。

きっかけは、ずっと使っているネオプレーンのドライのファスナーが3箇所も折れていることに気がついたこと。ファスナー交換すると3万円ぐらいかかるらしい。しかも、放置しておくと折れているところが引っかかって開かなくなることがあるらしい。しかも最近ドライが縮み小さくなってちょっと窮屈(自分が大きくなったともいう)。そんなところにjinbeさんより個人輸入のやり方をおしえてもらったのだった。しかも問題になるサイズも、試着をさせてもらって自分に合うサイズがわかった。ちょっと、尻込みをしていたのだが、家に帰ってポチポチしていたらいつの間にか発注をしてしまった。6日後に到着!フードと予備のネックシール、リストシール、アンクルシール(本当は不要、オーダーミス)がついて送料(£50)も含めてなんと£472.52(¥58805)+税金(¥4000)!!!奥様!これは”買い”ですわ!しかもきわめて良い使い心地。細かいところに若干の工夫は必要であったがベリーグーです。ちょっと、大きめサイズを頼んだのは正解でした。動きやすい!インナーをたくさん着れて暖かい!シェルドライとネオプレーンドライとロクハンとよく比較されますが基本的にはそれぞれ一長一短であるとは思う。でも、圧倒的な安さでシェルドライの勝利です。

六連タイヤ

↓真ん中あたりをトリミングすると目がはっきりと出ています。

前回のが2週間前。ハッチアウトは4週間ぐらいかかるのか?

大瀬崎、Canon EOS 5D、2009/02/08、1/25 秒、F5.6、ISO100、24.0 mm、SIGMA24mm

マトウダイ

やっぱり、大瀬崎のマトウダイは寄りたい放題でした。クリーニング中、のんびりとした表情です。第3(2?)漁礁。

大瀬崎、Canon EOS 5D、2009/02/08、1/40 秒、F7.1、ISO400、24mm、SIGMA24.0 mm

イソコンペイトウガニ

こいつに擬態もすごいよな~。絶対、自分では見つけられないな!

テングダイ

テングダイは寄りやすいほうだと思う。だからといって簡単に撮影できるわけではありません。このときも息が上がるまで頑張りましたけど、、、、

八丈島、Canon EOS 5D、2009/01/10、1/200 秒、F4.5、ISO400、24.0 mm、SIGMA24mm

アカマツカサ

エキジット直前の水深5m、ガイドロープ沿い。5cmぐらいのアカマツカサがたくさん居るじゃありませんか。八丈島ではキビレマツカサの撮影を妨害する邪魔者ですが、こんな小さなのは初めて見たし、伊豆で見たのも初めてでした。多分、大瀬ナイトでは普通種なんだろうけど。写真だと小ささがわからないな~。

大瀬崎ナイト、Canon EOS Kiss Digital X、2009/01/31、1/100 秒、F11、ISO100、57.0 mm、SIGMA17-70

ムラサキハナギンチャク

ありきたりの風景ですが、、、、、冬の海っていいよな~。単焦点っていいよな~。この写真を見ていると海に行きたくな~る。

川奈、Canon EOS 5D、2009/01/25、1/50 秒、F8.0、ISO200、24.0 mm、SIGMA24mm

イシガニの仲間?

甲羅の幅が15cmぐらいあったでしょうか。おいしそうなカニです。(笑)

大瀬崎ナイト、Canon EOS Kiss Digital X、2009/01/31、1/100 秒、F8.0、ISO100、17.0 mm、SIGMA17-70

オルトマンワラエビの抱卵

なんとかつぶつぶが見えるでしょうか?思ったよりクリアーに撮れませんでした。ま、証拠写真ということで、、、

↓全体はこんな感じ

大瀬崎ナイト

マトウダイ

大瀬崎ナイト、Canon EOS Kiss Digital X、2009/01/31、1/100 秒、F8.0、ISO100、17.0 mm、SIGMA17-70

鰭、全開でお休み中のマトウダイ。寝ぼけているマトウダイはビックリしてあらぬ方向に凄い勢いで逃げるので激突しそうになります。大瀬崎でマトウダイは普通種に近いのだろうから追っかけまわしても顰蹙(ひんしゅく)をかいません。(と、思っているのは自分だけ?)それにしてもマトウダイってかっこいいよな~。悪の手下って感じなのがいいよな~。

ヒメギンポ

今日は凄い北風。急遽、葉山で潜りました。ちなみに水温は12.6℃でした。昨日の大瀬崎は13.9℃でした。急に、寒くなりましたね~。

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2009/02/01、1/100 秒、F11、ISO100、36.0 mm、SIGMA17-70

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2