イソギンチャクモエビ

極小でした。イソギンチャクの触手と比較すると分かるとは思いますが。

葉山、Canon EOS Kiss Digital X、2008/07/21、1/100 秒、F11、ISO100、60.0 mm

ムロアジの群れ

本当は天気はいまいちでしたが、、、、無理やり爽やかなブルーにしてみました。周辺の光量落ちもこんな感じだと「味」とも言える。ま、好みですが。

八丈島、Canon EOS 5D、2008/08/23、1/80 秒、F4.0、ISO100、17.0 mm

ニジギンポ&タマゴ

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/22、1/125 秒、F13、ISO100、60.0 mm

アオウミガメ

また、亀。

八丈島、Canon EOS 5D、2008/08/23、1/100 秒、F9.0、ISO100、17.0 mm

キビレマツカサ

八丈島の固有種。赤のグラデーションは青より出にくいです。可視域と色空間を比べれば当たり前なのですけど・・・・濃い赤は実際に見た目との格差が多いですね。

八丈島、Canon EOS 5D、2008/08/21、1/60 秒、F5.0、ISO100、40.0 mm

ハイダイナミックレンジイメージ

流行のHDRにしてみました。水中写真のワイドこそHDRがあうような気がします。S5PROのハニカム構造をソフト上で実現したようなものだと思います。

ベニワモンヤドカリ

ちょっとかわった貝に入っている。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/22、1/125 秒、F7.1、ISO100、60.0 mm

ヘラヤガラ

今回の遠征は

一日目は冷水塊でボートと底土、
二日目は南西うねりで神湊のみ、
三日目でやっとナズマドに三本潜りました。

やっぱ、黒潮の当たっているナズマドは最高です。

八丈島、Canon EOS 5D、2008/08/23、1/125 秒、F4.0、ISO200、17mm

ウツボの喧嘩

ものすごい勢いでメンチ切っています。なかなか迫力のある戦いでした。でも、、、、滑稽です。

 富戸、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/17、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

コガネスズメダイyg

黄色い魚は好きです。チョウチョウウオ系を除くと意外と少ないよね。

富戸、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/17、1/100
秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

マツダイ

ノコギリヨウジの抱卵3

これで3回目の観察。今回は”目”がはっきり写っていません。絞りの加減でしょうか?オスの卵とメスの顔にピンが偶然にきました。しかもバックにはイソカザゴ。

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/16、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

ソラスズメダイ

そりゃー撮っていますよ。ワイドで青抜き。でも、、、、難しい。「実際に見た映像」>「写真」で、こんなに開きがあるのは悲しすぎるのだけど、、、ま、がんばっているって証拠写真。水深2m。

富戸、Canon EOS 5D、2008/08/12、1/200 秒、F5.0、ISO200、29.0 mm

カザリイソギンチャクエビ

撮りにくいな~。イソギンチャクの触手がゆらゆら。エビはぴょんぴょん。

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/16、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

メイチダイyg

黄色い魚も、赤い魚も好きですけど・・・・地味な魚も好きです。地味だけどかわいいよね。

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/16、1/125 秒、F7.1、ISO100、60.0 mm

シイラ

100匹近いシイラに巻かれました。すげ~!!!

富戸、Canon EOS 5D、2008/08/12、1/60 秒、F5.6、ISO200、32.0 mm

ジョーフィッシュ

葉山では初のジョーらしい。一番寄りにくい真正面からいってみました。

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/10、1/100 秒、F4.0、ISO100、60.0 mm

イワシ群れ

凄いイワシの群れだった。生意気な子カンパチがイワシの周りを10匹程度で回って、イワシ玉を固めてくれていた。イワシとたいして大きさが変わらないのに捕食できるのかな~。

富戸、Canon EOS 5D、2008/08/12、1/200 秒、F8.0、ISO200、17.0 mm

クロコソデウミウシ

葉山、Canon EOS Kiss Digital X、2008/07/19、1/100 秒、F14、ISO100、60.0 mm

ササノハベラ

葉山、 Canon EOS 5D、2008/08/05、1/60 秒、F7.1、ISO100、40.0 mm

イトフエフキyg

KissDXでは初めて2灯にしてみた。絞っても光が届くね。光の周りは勿論良い。今回は試験的にワイドセットからはずして使ったけど、わざわざ買うほどのことがあるかな~??

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/09、1/100 秒、F16、ISO100、60.0 mm

イワシの群れ

これ以外、どうやって撮ればいいんだ!!って思う。川奈尾竜。

ノコギリヨウジの抱卵2

先日にひき続き、本日のノコギリヨウジのお父さん。肉眼では気がつかなかったけど卵の目が見えてきました。しかも一個、こぼれ落ちそうですよ!!

↓Upはこんな感じ

コブダイyg

川奈、Canon EOS Kiss Digital X,2008/08/03、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

チャガラ群れ

これだけの数のチャガラの群れはなかなか見ることが出来ないと思うんだけど・・・・撮影は難しいな~。視界いっぱいチャガラだらけになる、その迫力をどうやって伝えよう!?もどかしい。

葉山、 Canon EOS 5D、2008/08/05、1/200 秒、F5.6、ISO100、23.0 mm

ソリハシコモンエビ

構図は面白いね。

座間味、Canon EOS Kiss Digital X、2008/06/19、1/125 秒、F13、ISO100、60.0 mm

オキナワベニハゼ

珍しく横から・・・・

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/03、 1/100 秒、F11、ISO100、60.0 mm

アミメハギyg

アミメでいいのでしょうか?ヨソギにも似てるよね?小さかったな~、、、2cmぐらいだったかな。

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/07/20、1/125 秒、F11、ISO100、60.0 mm

ノコギリヨウジの抱卵

また、たまごネタです。ハナタツと一緒のヨウジウオ科なので抱卵しているのはオスでしょうか?しばらくすると目が見えるようになるのですか?ハッチアウトも見たいな~。

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2008/08/03、1/100 秒、F11、ISO100、60.0 mm

↓UPです。

Photoshop Elements 6.0(浮遊物消去)

このぐらいの浮遊物の映り込みなら、スポット修復ブラシツール、修復ブラシツールを使って消せます。小さい浮遊物ならスポット修復ブラシツール、大きい部分は修復ブラシツール。真ん中よりちょっと右寄りの一番上のかなり大きめの浮遊物に注目。結構うまく消せていると思う。(自画自賛)

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2