ミジンベニハゼ

必ずといっても良いほど空き缶の中にペアーでいます。この広い海の中でどうやってお互いを認識しあうのしょう?まさか携帯電話で連絡を取り合っているわけないよな。「もしもし、今、お化けタイヤだけど・・・今、どこ~?」なんてね。

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/26、1/100 秒、F6.3、ISO100、 EF100mm f/2.8 Macro USM、トリミング小

Long Tone Cafe

友人がLong Tone CafeというLive Barを始めました。ぜひ写真を飾らせて欲しい(誰が?)とのことだったので写真を6点(四つ切5点、全紙1点)ほどプリントしました。イカをお勧めしたのですがカメがいいということだったので全部カメにした。全紙に伸ばしたのは初めてだったがやっぱり迫力があるね。入り口を入ってすぐ目の前の特等席を獲得しました。

オキゴンベ

実は元画像は浮遊物の映り込みが激しかったのだがフォトショップで偽装してみました。ちょっとした浮遊物ならスタンプツールで消せるがこの場合は無理。恐るべしフォトショップ!!


富戸、 Canon EOS 5D、2008/01/03、1/50 秒、F6.3、ISO200、40.0 mm

画像処理

先日、UPした鳥居の画像。鳥居の周りが暗いのでもう少し明るくすると太陽周りがさらに白飛びしてしまう。よくこういったジレンマは水中写真では発生する。で、、、、フォトショップでやってみた。結構、悪くないんじゃないの~。ここで気がつくのは暗めに撮っておけば後から何とかなるし、コントラストも抑え目で撮っといたほうが後から何とかなる。デジタル時代、画像処理することを前提に撮影して、後から画像処理をするというのも写真のうまさのひとつかもしれません。この鳥居の画像も、もっと暗く太陽周りの白飛びを抑えて撮影していたほうが良かった。白飛びいている部分は助けようがないので。

ちなみにこのフォトショップはPCのおまけについてきたしょぼいやつだけど・・・・全然使いこなしていない。それでも恐るべしフォトショップ。

トゲモク

まだ、なんとか冬の透明度。もう冬ワイドは終わりだな~。と思いつつ。海藻ワイドも十分綺麗だと思うんだけど・・・やっぱり珊瑚のの方がうけるんだろうな~。「藻原に水面」どう思いますか?

富戸脇の浜、Canon EOS 5D、2008/02/24、1/50 秒、F4.0、ISO100、17.0 mm

アオサハギ

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/23、1/125 秒、F6.3、ISO100、 EF100mm f/2.8 Macro USM

100mmで撮るとこうなりがちだ。

---レンズの話---
EF100mm f/2.8 Macro USM
○最短→ポート先端より約13cmで等倍(35mm換算)
○無限遠でももちろんピンとは合う。

EF100mm f/2.8 Macro USM+UCL-165M67
○最短→ポート先端より約6cmで等倍以上(35mm換算で1.5倍ぐらいかな?)
○最長→ポート先端より約12cmまでしかピンは合わない(要はポート前6~12cmでないとシャッターすら切れない)

ダンゴウオyg

春濁りが始まると同時にダンゴygがスタート。しかも陸では春一番。ぎんぽ岩の神様のおぼしめしでしょうか?ワイドが不完全燃焼のまま冬が終わってしまうのは名残惜しい・・・・季節のうつろいこそが日本の海の活力。あっという間に季節が過ぎ去っていくように感じるのはジジイになった証拠でしょうか。季節の変わり目なんてバリバリ気がつくぜ!

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/23、1/125 秒、F9.0、ISO100、100.0 mm、UCL-165M67使用、トリミング多

鳥居

川奈、Canon EOS 5D、2008/02/10、1/1000 秒、F4.0、ISO100、17.0 mm

やっぱり太陽周りのグラデーションはS5Proに負けるな~。川奈ビームには至りませんでした(笑)

--川奈ビーム--
太陽の光をマスクに反射をさせて光の筋を作り、まるで目からビームを発射しているように見える現象。ダイバーとカメラマンとの息が会わないとうまくいかない。ロタでは大流行しているようだが近年、川奈にも流行の火がつきそうな気配がある。

イクビホンヤドカリ

ガーディング中のヤドカリは撮りやすい。これからねらい目だね。
ちなみにガーディングとはオスがメスをキープして持ち歩くことです。

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/07、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

ニホンアワサンゴ

ニホンアワサンゴの花束。

川奈、 Canon EOS 5D、2008/02/10、1/80 秒、F5.0、ISO100、27.0 mm

フトヤギのポリプ

ポリプ全開。幾何学的な模様が千代紙などにある「和」を感じる。たまにはゲージツ的なふりをしてみた。

葉山、Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/07、1/100 秒、F2.8、ISO100、60.0 mm

アオサハギ

富戸、 Canon EOS 5D、2008/02/11、1/40 秒、F4.0、ISO100、40.0 mm

アカエラウミウシ

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/07、1/100 秒、F5.6、ISO100、60.0 mm

クロヘリアメフラシ

ワイドレンズでウミウシをがんばってみました。無理があるな。

川奈、Canon EOS 5D、2008/02/10、1/160 秒、F5.6、ISO100、40.0 mm

アズキウミウシ

これも・・・・

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/09、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

セトミドリガイ

これも目が写っています。(笑)

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/07、1/100 秒、F11、IS100、60.0 mm

ミドリアマモウミウシ

目も写っています。目が点で漫画チックでおもしろい。
巨大でした。といっても4mm程度でしたけど・・・・昨日の記事のモロコは小さかった。といっても50cmはあったけど。

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/07、1/100 秒、F11、ISO100、60.0 mm、トリミング超多

モロコ

クエともいう。クエの目って緑色なんですね。ミジンベニハゼのエメラルドグリーンの目に匹敵する美しさです。今度、アップで撮らせてくれないかな~?目の綺麗な子って好みだな。

川奈、Canon EOS 5D、2008/02/10、1/100 秒、 F5.0、ISO100、34.0 mm

ムラサキハナギンチャク

ありきたりの感じですが・・・・フィッシュアイにはない感じは出ていると思う。レンズは(!)良いね。

川奈、 Canon EOS 5D、2008/02/10、1/50 秒、F5.0、ISO100、17.0 mm

ヒメギンポ産卵中


どうして産卵中とわかるかというと・・・・・


メスの産卵管がよく見えていたからです。

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/09、1/125 秒、F7.1、ISO100、60.0 mm

ゴマフビロードウミウシ

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/07、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

↓こちら同じ日に撮影した別個体。黒い部分が少ない方がかわいいな~。

ヨウラククラゲ

サルパかと思って撮っていたが後で調べたらクラゲでした。15cmぐらい。もうちょっと広角レンズを持っていたかった。クラゲにはワイドレンズ!!でも、あきらめずにがんばった。

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/07、1/500 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm、Pモード、ノーストロボ

↓栄養部のアップ。Mモード、ストロボあり。

キイロウミコチョウ

たまにはこんな構図で。こんなに絞る必要はなかったな。ケヤリムシはもっとぼかした方が美しかったでしょう。

葉山、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/01、1/100 秒、F14、ISO100

アカマツカサ

1月の八丈島遠征のワイドはほぼ全滅だった。なぜだか原因を考えていたのだが、、、、海のコンディションは最高だったのに残念だった。体調がすぐれなかったので、集中力に欠いていたのは確かだが、それにしても酷かった。

八丈島、Canon EOS 5D、2008/01/11、1/60 秒、F4.0、ISO400、25.0 mm

モンガラカワハギyg

最近、ホンダワラだのアリストテレスの提灯だのカジメだの不明だのあらぬ方向に行ってしまっているのでちょっと方向修正。
背景が駄目だといかに駄目かという悪い作例ですが。この場合、もっと開いてとるべきだったでしょう。もちろん黒い被写体に対してオーバー目に撮るのだから背景は飛ばしてしまうつもりぐらいでも良いかも。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/10、1/80 秒、F7.1、ISO200、60.0 mm

オノミチサンゴのポリプ

なかなか全開というわけにはいかないが、まあまあの開き具合。

葉山、 Canon EOS 5D、2008/02/01、1/30 秒、F4.0、ISO100、22.0 mm、トリミング

今日は、雪でダイビングは中止。海は問題ないのだが、車の移動に支障あり。

不明貝

目が気持ち悪いな。スタンプツールで浮遊物を消してみました。

葉山、Canon EOS Kiss Digital X、2008/02/01、1/100 秒、F4.5、ISO100、60.0 mm

オノミチサンゴ

世界で一番北にあるサンゴ礁(ハードコーラル)だと思っています。そう思ってみるととっても素敵だと思うのですが・・・・今日は結構ポリプが開いていました。水温14度、思ったより高かった。自分たちが暮らしている目の前の海にこんなに素敵なところがあるんだと言う事を伝えたい思いでシャッターを切ったけど・・・・
やっぱり地味だな。

葉山、Canon EOS 5D、2008/02/01、1/20 秒、F4.0、ISO100、22.0 mm

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2