不明yg

フサカサゴ科のygだと思うけど・・・・よく分らん。一瞬、おっ!ホウボウygか~と思った。ちょっとがっかりしたけどよく見ると結構ラブリーじゃん。

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/25、1/125 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

Photoback

こんなん作ってみました。OutPutの一つとして良いかも!

るりすずめさんには完全によまれてるな(笑)

カジメ

スタッフ:「今日の狙いは何ですか?」

客A:「ダンゴ!」

客B:「ゴマフビロードウミウシ!」

私:「カジメ、とホンダワラ!!」

ジョークじゃなくて本当なんだってばさ!

葉山、Canon EOS 5D、2008/01/27、1/200 秒、F5.0、ISO100、17.0 mm

アリストテレスの提灯

1月19日の記事でガンガゼの肛門を掲載したので・・・その続報。

ガンガゼの咀嚼器(要するに口)のことを「アリストテレスの提灯」と言うそうだ。5個の歯の顎骨格が提灯(ランタン)のような形になっているからなんだろう。写真の真ん中の「正5角形」の部分だと思う。「正5角形」というところがヒトデの仲間で棘皮動物って感じです。何故「正5角形」なんだ!なんか「4」とか「6」とか偶数の方が普通の地球上の生物っぽいぞ~。棘皮動物の器官以外で「正5角形」ってあるのかな~?棘皮動物って摩訶不思議!!

ホンダワラ

すごい生命力です。あっと言う間に成長していく。まだピーク一歩手前ですが・・・・サンゴ礁だけが海の生命力ではないのだよワトソン君!

葉山、Canon EOS 5D、2008/01/27、1/60 秒、F5.0、ISO100、17.0 mm

サギフエ

銀色系の魚はストロボの光を当てすぎないようにした方がうまくいく。当たり前なんだけど、、、、分っているけど、体を白く飛ばしてしまう失敗が多いんだよな。今回のサギフエは少しはうまくいった様だ。ピンボケだけどね(ってだめじゃん!)今日の教訓 「ひかりものは青抜きで!!」

川奈、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/25、1/125 秒、F5.6、ISO100、60.0 mm

ホウボウyg

難しい被写体だな。胸鰭?が砂に埋まってしまっていたのですね。大失敗作。

川奈、 Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/25、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm、明るさ調整+0.3

ミスジアオイロウミウシ

開放で撮ってみました。幾らなんでも開けすぎですね。でも、ま、これはこれで「あり」かなっと。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/12、1/100 秒、F3.5、ISO200、60.0 mm

 写真を引き伸ばし額に入れた。

 昨年の12月29日、いつも大変親しくさせていただいているN氏より下記のような、うれしくて涙がちょちょぎれるメールをいただいた。

> こんにちは。
> SHINさんの撮った写真を弊社の本社事務所に置きたいのですか。
>3枚 大きさは普通で良いのですが よろしくお願いしますm(_ _)m
> 沖縄の絵の後に飾りたいのです。
> もちろん 写真の引き伸ばしやフレームの費用は負担しますので。
>

この「沖縄の絵」というのはきちんとした美術品でそれなりの価格(目が飛び出るほど)で大変すばらしいもの。これはきちんとしたものをお届けしないと!!とこちらは気合入りまくり。多分、N氏はちょっと引き気味。年が明けてから直接お会いして、写真を見て選んでもらい大きさも決めてもらった。結局、「アオリイカ」「アオウミガメ」「クマノミ」「マンタ」を四切の四点をご注文。で、本日納品にいたりました。「アオリイカ」は半切に勝手に変更。喜んでもらえたかな~。でも、なんかうれしいな~。ちなみに打ち合わせのときも本日も昼食をご馳走になってしまいました。写真が古くなって色あせたら差し替えに行こうっと!どのくらいもつのかな??迷惑じゃないだろうか??などと不安に思うのであった。

ユビワサンゴヤドカリ

八丈島ヤドカリサンゴ三兄弟シリーズでした。シロが一番個体数が少ないらしいが、ユビワが1番好きだな。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/13、1/100 秒、F11、ISO100、60.0 mm

シロサンゴヤドカリ

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/13、1/100 秒、F11、ISO100、60.0 mm

スベスベサンゴヤドカリ

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/13、1/100 秒、F11、ISO100、60.0 mm

銀河鉄道999の車掌さん。

↓正体はこちら

トックリガンカゼモドキ

みなさんご存知のトックリガンガゼモドキ・・・・・・・・以上!

↓こちらは普通のガンカゼ

ツバメウオyg

マクロレンズでワイドっぽく撮ってみました。ワイドレンズとは違う水面のぼけ味が良い感じだと思いますが・・・・絞りすぎのため浮遊物が気になります。ISO100あるいは50のほうが良かったね。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/10、1/200 秒、F7.1、ISO200、60.0 mm

ナマコマルガザミ

クロナマコにくっついていた。最近、ナマコマルガザミのゲットわざを会得して以来、クロナマコには黒バージョンナマコマルガザミが付いているはずだとひそかにナマコをひっくり返していたのだが、まさかこんなところで出会えるとは!しかもガイドさんにおしえてもらって。「願えば叶う」は本当だった。今度は自分で見つけるぞー

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/12、1/100 秒、F14、ISO200、60.0 mm

↓こちら普通のナマコマルガザミ

テンセンウロコウミウシ

開放で撮ってみました。何とか目も写っています。絞っても撮ってみましたが、開放のほうが雰囲気がありました。ハナビラウミウシかと思って撮っていましたが、テンセンウロコだと教えてもらいました。点線鱗・・・・・綺麗なウミウシなのに名前がいまいちだな。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/12、1/100 秒、F2.8、ISO200、60.0 mm

コンシボリ

「貝殻付きウミウシの目」が好評のようなので・・・・・
八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/13、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

↓ついでにミスガイ。これはここら辺でも見られます。

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/13、1/100 秒、F8.0、ISO100、60.0 mm

ベニシボリ

初めて見ることができました~!!貝殻を持つウミウシ。綺麗だな~。ちなみに黒い点々が目です。その目がちょっとお茶目だね!

八丈島、Canon EOS Kiss Digital X、2008/01/13、1/125 秒、F8.0、ISO200、EF-S60mm f/2.8 Macro USM、

風景

ねたぎれ気味でいまいちな風景写真。この手の写真をもちょっとうまく撮れるようになりたいな~。がんばるぞ~!!!

豚サンゴ

ガイドさんがスレートに「豚サンゴ」って書いて見せてくれた。船に上がってから「豚サンゴって言うんだ。おもしろいな~。」とおっしゃってた方がいた(前回の9月)。

豚サンゴっていう種類があって、必ずこの形になる。そんで秘密の群生場所がある。そして豚サンゴと豚サンゴの間にはピンクの豚スズメダイが居て、豚サンゴの上には豚イソハゼ、その先の岩には豚ホヤもいる。豚ベラ、豚ウミウシ、豚ゼブラヤドカリ、豚ダルマハゼ、ブーコシオリエビ、そして伝説のポイント名はビッグピッグ、、、なんて馬鹿な空想にふける。

セグロサンゴヤドカリ

セグロっていうぐらいだから背中が黒いのかと思ったら白いじゃねーか!!宮古島、F30

↓ついでにケフサゼブラ。右下が暗く光が回っていないのがわかります。内蔵ストロボだけなのでやむを得ません。おそるべしF30、、、、そーでもないか!?

宮古島、ま、ハートの形にみえる、ということらしい。

イロカエルアンコウ

おんなじ設定だ~。マクロはこれでいけそうだな。恐るべしFinePix F30 。

富戸、FinePix F30 、2008/01/03、1/60 秒、F8.0、ISO200、8.0 mm、絞り優先、トリミング

イロカエルアンコウ

富戸、 Canon EOS 5D、2008/01/03、1/200 秒、F6.3、ISO200、35.0 mm

写真とは関係ないですが・・・・・masayonext さんの写真展に陸上調査班(妻)と行ってきました。すんばらしいの一言です。すごいな~。同じカメラを使ってるはずなのにな~。レストランでの展示会で、料理もすんばらしく、ワインも珍しいワインが置いてあってこちらもとってもすんばらしかった。自分もがんばらなきゃ!!

フリソデエビ

ただいま、川奈のアイドル、振袖君。ま、それはともかく・・・・絞り優先モードでマクロの設定、でトリミングしてこの写真。外付けのレンズもストロボもなし。。。。。結構撮れてると思いませんか?恐るべしコストパヒョーマンス、FinePix F30!!

川奈、 FinePix F30、2007/12/30、1/60 秒、F8.0、ISO200、8.0 mm、トリミング

アジ群れ

この日の川奈はすごい魚影の濃さだった。アジも一匹一匹が大きく、脂が乗っていておいしそうだったな~。

川奈、Canon EOS 5D、2007/12/30、1/200 秒、F11、ISO200、17.0 mm

フタイロハナゴイyg

伊豆でフタイロハナゴイ!??しかも、岩の下とはいえ動き回られるよりずっと撮りやすいぞ~。冬になりより地味になってきた伊豆の海にひときわ輝いていた。それにしても噂どおりF30結構撮れるぞ~。恐るべし FinePix F30!!

富戸、 FinePix F30、2008/01/03、1/60 秒、F8.0、ISO200、8.0 mm

イイジマフクロウウニ

飯島梟海栗??を青抜きにしてみました。

川奈、Canon EOS 5D、2007/12/30、1/200 秒、F7.1、ISO200、22.0 mm

ロウニンアジ

宮古島、Canon EOS 5D、2007/12/23、1/200 秒、F10、ISO100、15.0 mm

ビシャモンエビ

縁起物を探したところこんなんしかなかった。毘沙門海老。

富戸、 Canon EOS Kiss Digital X、2007/10/07、1/100 秒、F10、ISO200、50.0 mm

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2