アオウミガメ

アオウミガメダッシュも結構頑張りました。下からあおってシルエットにしようと思ったのだけど・・・・ストロボを切る余裕がありませんでした。1/3発光ぐらいしかしてないのにしっかり寄れてるもんだから、こういうときに限ってちゃんと光が当たっている(涙)

八丈島、EOS 5D、2007/10/26、1/125 秒、F16、ISO200、17.0 mm

↓1/60 秒、F5.0、ISO200、17.0 mm

↓完全に白飛びしてしまっているけど。1/80 秒、F4.5、ISO160、17.0 mm

ナメモンガラ♀

ほとんどメスの写真がないことに気付く。個体数はメスの方が多いのに、ついオスを撮ってしまう。


ナメモンガラ

やっぱ、いいわ、ナメモンガラ。メスもなかなかきれいだぞ~。

八丈島、2007/10/26、1/160 秒、F4.0、ISO250、30.0 mm

ナメモンガラ

八丈島固有種。このひょうきんさ、美しさ・・・・。トリミングをたくさんして図鑑写真にしました。

八丈島、2007/10/26、1/250 秒、F4.0、ISO250、40.0 mm、トリミング多

ベニキヌズツミ

珍しく開放で撮ってみた。f2.8。悪くないかな?浮遊物が写らなくなる。開いたわりには周りが黒く落ちてくれた。もちろん偶然。天気も悪く水深もありしかも岩のハングの影だったので。いつもどおりの1/100で何も考えずに撮影。

タカベ

マニアック系マクロが続いたので久しぶりにさわやか系ワイド。しかしワイドは難しい。確率が低い。マクロだと1本潜ればそれなりにblogネタはゲットできるのだがワイドだとヘタをすると0だからな~。でもノンダイバーのかたにはワイドの方が明らかにうけがいい。きれいなおさかなさんならまだしも潮だまりのなかにいるような地味なハゼやエビやウミウシなんぞ脳味噌が少し窒素でやられていないと良いとは思えないよな~。(失礼)ま、マクロでは媚を売らずワイドでは忍耐だ。

チョウハンyg

超浅場シリーズ。チョウチョウウオyg??と思ったらしっぽに黒い点が二つあるよ。チョウハンygでよいみたいだ。なかなか撮らせてくれない。ずいぶん長いこと入江ハングにいる。何回もごあいさつにいっているのに撮らせてくれない。そろそろダイバー慣れしてくれよ。

フジタウミウシ属の一種1

超浅場シリーズ、地味ウミウシ編。この手のウミウシは同定が難しいですね~。和名はまだないようです。ウミウシ図鑑.comで調べました。「本州のウミウシ」のP.100にも載っていました。

あまりにも地味なので一気にUP。全部、海底100cm前後で撮影です。
↓アズキウミウシ

↓イバラウミウシ

↓クロスジアメフラシ

リュウグウウミウシ

超浅場シリーズ、ウミウシ編。葉山と言えばウミウシ。浅場もウミウシは充実しています。最近、ウミウシがブログにアップされることが少なくなってしまいましたが、別に嫌いになったわけではありません。
葉山、2007/10/20、1/100 秒、F16、ISO100、60.0 mm

↓こちらはニシキツバメガイ

スジエビモドキ

超浅場シリーズ、エビ編。イソスジエビと迷ったのですがスジエビモドキとしました。タイドプールでざくざく取れるのはこれです。アシナガモエビモドキより更に浅いところに居るし、あまり逃げないので撮りやすい。水深1m以下から多くなる。よく見るとなかなかきれいじゃないか。

↓こちらはアカシマモエビ。個体数は前出の2種類より少ないが、良く見かける。

まとめ
葉山超浅場エビ普通種は

・アシナガモエビモドキ
・スジエビモドキ
・アカシマモエビ

で決定!!

アシナガモエビモドキ

超浅場シリーズ。水深1m前後でサラサエビの代わりに居ます。つまりたくさん居ると言うこと。ただ違うのはサラサエビは穴からこちらを見ているがこの子はいつもそっぽを見ています。浅いので俯瞰しか撮れません。穴の中なのでストロボの光が届きません。だから2枚目のような写真を量産してしまいます。苦労して撮ったのが一枚目。個体数はやたらと多いのに・・・・コツは石をめくって、めくられたことに奴が気がつかないうちにシャッターを切ることです。カラーバリエーションが多く、違う種類がたくさん居るのではないかと勘違いしてしまいました。浅場に「サラサエビに似ているのが居る」と思ったらこいつです。

どうでも良いけど一枚目の写真の下の方にアオヒゲヒラホンヤドカリの触覚だけが写っている~。

トゲトサカ

お決まりの構図ですが・・・・

富戸、EOS 5D、2007/10/13、1/60 秒、F5.0、ISO320、17.0 mm
もう少し引いた方が良かったな。ISO400ぐらいにしてもう少し青くした方が良い。

アゴハゼ

超浅場シリーズ。タイドプールで簡単に捕まえられるハゼです。ペットボトルで作った簡単な罠で捕まってしまうほど頭が悪い。ダイビングを始める以前、磯遊びでよくタモアミで捕まえた。図鑑をあまり持っていなかったので名前を調べるのに苦労した思い出があります。

EF-S60mm f/2.8 Macro USMを買った。ちょっと、衝動的だったかな。シグマの50mmより全然良いです。フォーカスはもちろん速いし発色もきれいだし、グラデーション(特にぼけ味)もきれいだ。EOS5Dで使えないのが難点だ。両方で使えるレンズと思ってシグマにしたのだが、失敗でした。SIGMA MACRO 50mm f2.8 EX DGが登場することはもうあまりない気がする。

葉山、2007/10/18、1/100 秒、F14、ISO100、60.0 mm

ウミタナゴ

富戸、EOS 5D、2007/10/13、1/200 秒、F8.0、ISO100、17.0 mm

群れ、群れでした。透明度はいまいちだったけど。久しぶりのEF17-40mm F4L USM。難しいけど撮っている時は楽しい。確かに15mmFishEyeの方が無難だけど。

もっと開いた方がいいな~。一枚目の構図は気に入っているんだけどな~。暗すぎた。

ベニホンヤドカリ

富戸、EOS Kiss DX、2007/10/08、1/100 秒、F10、ISO200、50.0 mm

緑の絨毯に、紅が映えます。

カレンダー

カレンダーを作りました。欲しい方に差し上げます。ただし直接手渡しできる方でお願いします。送るのはめんどくさいので。どうしても欲しい人(居ないだろうけど)は連絡してください。応相談。出来の方は素人お遊びの範疇は超えません。

ソラスズメダイ

富戸、EOS 5D、2007/10/13、1/60 秒、F5.6、ISO320、40.0 mm、明るさ補正+1

設定を見て分かるように天気が悪くてかなり暗かったのですがISO感度を上げて無理やり青くしています。せっかくデジタルなんだからもっとISOを使いこなしたい少なくとも400ぐらいまではノイズは気になるレベルではないと思うのだが・・・むしろ明るさ補正の方がノイズが出るな。小さい魚の群れは難しい。大きな魚も、だが。どうしてもぱらぱら感が出てしまう。もうちょっとぎゅっと固まってほしいな~。流れれば固まるのかな~。もっとも流れのあるところにソラスズメは居ないけど。

クモハゼ

今日は、葉山の浅場(水深1m前後)でずいぶんすごした。あまり見たことのないものを見た。

クモハゼは磯遊びで見ることが出来ます。(by陸上調査班)

イレズミハゼ??

富戸、EOS KissDX、2007/10/07、1/100 秒、F10、ISO200、50.0 mm

イレズミハゼのペアーか?違う種類のケンカか?わからない。

両方にピントを合わせようとしたけど・・・・・二兎追う者は・・・・・


こちらは間違いなくコクテンベンケイハゼ。背鰭の黒い点も見えるし、画面には写っていないが尾びれの白いふちも確認しています。イレズミハゼ系は同定は難しい。緑色の目が美しい。

白化サンゴ

石垣島、EOS 5D、2007/08/23、1/80 秒、F7.1、ISO100、15.0 mm

9日の読売新聞夕刊に柏島のサンゴも白化しているという記事が載っていた。ブログにUPしようと思っていたけど何となくさきのばしになっていた写真です。なんか微妙・・・・悲しくも美しい風景でした。声高に何か訴えようと言う気はさらさらない。ひっそりとシニカルに。

ヒレナガネジリンボウ

川奈、EOS Kiss DX、2007/10/05、1/100 秒、F13、ISO200、100.0 mm

ヒレネジはどんな構図がいいのかな~?ひれ全開を強調したかったのだけど・・・・立体感のない構図です。それにしてもこの子は寄れます。100mmの最短より寄れます。

ベニワモンヤドカリ

富戸、EOS Kiss DX、2007/10/08、1/100 秒、F10、ISO200、 50.0 mm

伊豆では初めて見ました。きれいだな~。

おしゃべり中

富戸、EOS Kiss DX、2007/10/08、1/100 秒、F10、ISO200、50.0 mm

何をしゃべっているんでしょうね~。

ハチマキダテハゼ

川奈、Canon EOS Kiss DX、2007/10/05、1/100 秒、F8.0、ISO200、EF100mm f/2.8 Macro USM
、100.0 mm

不明ヤドカリ

てぇへんだ!てぇへんだ!てぇへんだ!てぇへんだ!川奈でサンゴヤドカリらしき子を発見。ヘイグサンゴヤドカリかな~??そんなん伊豆に居るのか???誰か~教えてくれ~!!!

魔王の宮殿

宮古島、EOS 5D、2007/09/22、1/60 秒、F4.0、ISO320、17.0 mm

オジロスズメダイ

メガネスズメダイかと思ったけど頭にブルーの線がありません。寒くて色があせてしまったのかとも思ったのですが・・・良く調べてみるとオジロスズメダイみたいです。メガネやクロメガネよりレアーなのかな~。いずれにしても南方系に間違いない。

スケロクウミタケハゼ

川奈、EOS Kiss DX、2007/09/08、1/100 秒、F13、ISO100、100.0 mm

マクロもバックが決まるといいな~。構図は日の丸だけど。

居場所をるりすずめさんに教えてもらいました。逃げないとっても撮りやすい子でした。

ハナゴイ

宮古島、 EOS 5D、2007/09/21、1/60 秒、F4.0、ISO200、32.0 mm

オオアカホシサンゴガニ

宮古島、EOS Kiss DX、2007/09/22、1/100 秒、F8.0、ISO200、100.0 mm

サンゴガニはよく見るが・・・なかなか全身を撮らせてくれないな~。

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2