オオメハゼ

よく分からないけど多分、オオメハゼ・・・・・

↓こちらはウロコベニハゼだと思う。

ベニハゼ

全部ベニハゼで片付けていいんだろうな~???

ベニハゼ

石垣では結構たくさんベニハゼを撮ってきた・・・・・
一枚目はベニハゼでいいんだろうな??ベニハゼもよく分からんな~

マンタ

石垣島、5D、2007/08/25、1/200 秒、F4.5、ISO100、15.0 mm

一万枚撮りのフィルムでも伝えきれない思いが・・・・・

白化イソギンチャク

石垣島、5D、2007/08/24、1/200 秒、F4.5、ISO100、15.0 mm

100万の言葉よりも一枚の写真。


石垣島、EOS Kiss DX、2007/08/24、1/125 秒、F8.0、ISO100、100mm

初めて2台持って潜った。こういうセット写真が撮れるのは嬉しいが、、、、全体としては中途半端になってしまった。なれれば撮れる様になるのか??

イサキ群れ

三宅島。到着後の一本目。珍しくガイドさんが迷子で目的の根に着けなくて、延々と何もない砂地を泳いだ。その中で唯一シャッターを切れたのがこれ。直径2mぐらいのそれほど大きくない岩だったがまさに砂漠の中のオアシス。7cmぐらいのイサキが群れているのでした。いつも生物の豊富なところばかりを潜っているのだが、、、、こういうところもあるんだ~ってな感じ。逆に印象深い一本となったのでした。ポイントを開発してくれた人に感謝、感謝。

ワニゴチ

クリーニング中。でかい。40cmぐらい。これも左からの光が強い。右のストロボの向きが悪いんだと思う。ワイドマクロはストロボの向きに要注意。水中だと忘れちゃうんだよね。同じ間違いを何度もするやつは素質がないって誰かが言ってた。

ハナミノカサゴ

ありがちな構図だけど。海底の環境がちょっと変わっている。

フタイロニシキウミウシ

撮りにくいところにいました。

シンデレラウミウシ

15mmでウミウシを撮った。これでほぼ最短。

キビナゴ

白飛び部分を多めにしました。(なってしまった。)露出の見極めの悩ましいところ。1DsMⅢ、40Dでました。気になる。

富戸ヨコバマ、EOS 5D、2007/08/07、1/200 秒、F7.1、ISO100、15.0 mm

謎のウサピョン

それではリクエストにおこたえして・・・・・・遠めに見るとウサピョンだがよく見ると・・・・きもい。なんなんでしょう?ウミウシにくっついているのを見たことがあります。この日はヒトデにくっついていました。誰かご存知の方は教えてください。

オオアカヒトデ

大物です。直径40cmぐらい。ガイドさんにヒトデヤドリエビを探されてポイされて砂地に着地したところを激写。実ははじめてみた。わざわざ紹介するガイドさんも居ないだろうけど。マクロもいいけど大物?も興奮するよな。しかも初物だったし。15mmには最適な被写体。四隅の光量落ちと流れはこんなものなのかな~?純正と比べてみたいな~。5cmシグマの方が寄れるのはでかいな。(最短:キャノン→20cm、シグマ→15cm)その(道具の)前に腕磨けって!?はい、はい。

三宅島、Canon EOS 5D、2007/08/13、1/80 秒、F4.0、ISO200、 15mm

ナガサキスズメダイ

川奈、EOS Kiss DX、2007/08/18、1/125 秒、F8.0、ISO200、100.0 mm

イルカ

いや~、本当に玉砕だな~。

御蔵島、EOS 5D、2007/08/13、1/100 秒、F4.5、ISO250、15.0 mm

キンギョハナダイ

沖縄にも伊豆にもいるキンギョハナダイ。でも、この濃さには感動した。

三宅島カタン崎、EOS 5D、2007/08/13、1/200 秒、F3.2、ISO100、15.0 mm

イルカ

が~って泳いで、ぱっと来て、くるっと行ってしまい、ぱっといなくなる。そんな感じのドルフィンスイム。

御蔵島、EOS 5D、2007/8/12、1/80、F4.5、ISO250、15mm、連写モード

アオリイカ

また、アオリイカです。オス同士の喧嘩です。なんかCGみたいで胡散臭いな。

アオリイカ

また、アオリイカです。以上!

ドルフィンは体力だ!

アオリイカ

思いっきり寄るとこんな感じ。ほとんどポートにぶつけるつもりで。

三宅島からのアップしてます。

アオリイカ

もうちょっと集まってくれるといいんだけど・・・・。産卵ポイントが低い位置だったので真横が多いな~。今まではあおったのが多かったのだけど天気が良い時はあおった方がいいな。天気が悪い時は俯瞰が良い。

 朝一、9時前にエントリー。産卵床に直行。アオリだけで40分貸切。合計84分。

富戸、EOS 5D、2007/08/07、1/80 秒、F4~6、ISO100、15.0 mm、トリミング少、明るさ補正少

アオリイカ

また、イカです。また~***!!!という言葉にはめげません。FishEyeだと寄りきれないな~。上が良い天気だったのでブルーがまぶしい。

富戸、EOS 5D、2007/08/07、1/80 秒、F4~6、ISO100、15.0 mm、トリミング少、明るさ補正少

イソヨコバサミ

普通種といえばこちらもおさえておかないといけません。磯遊びをしているとこれも多いです。ブルーの触角が印象的です。

富戸、EOS Kiss DX、2007/08/07、1/125 秒、F14、ISO100、100.0 mm

Theホンヤドカリ

超普通種(多分)。磯遊びでよく見ました。まずは普通種からおさえていかないと・・・・この日は富戸ホールだけで50分いた。トータル111分ダイビングってドンだけ~。

富戸ホール、EOS Kiss DX、2007/08/07、1/125 秒、F14、ISO100、100.0 mm

ハタタテダイ

南方系幼魚が増えてきました。

富戸脇の浜、EOS 5D、2007/08/07、1/50 秒、F5.6、ISO100、15.0 mm

タツノイトコ

コンデジを使っていた頃、こういう写真に憧れていた。いざ一眼を使ってみると工夫も何にもないつまらない写真だと思う。でもウルトラセブンに出て来る宇宙人っぽいところが好きだ。

川奈、EOS Kiss DX、2007/07/08、1/100 秒、F7.1、ISO200、100.0 mm

オイランヤドカリ

南方系のヤドカリ。(多分)ここいらへんで見るのは初めてです。

川奈、EOS Kiss DX、2007/08/05、1/125 秒、F9.0、ISO100、100.0 mm

ナベカ

このナベカは寄らせてくれる。しかも笑顔でサービス満点。

葉山、EOS Kiss DX、2007/07/28、1/125 秒、F10、ISO100、100.0 mm

バライロマツカサウミウシ

初めて見るものを自分で見つけるとなんか得意満面。

葉山、EOS Kiss DX、2007/07/19、1/125 秒、F11、ISO200、50.0 mm

アオリイカの卵

また~・・・・ワイドの基本設定はこんなもんかな~?これぐらいが一番きれいに撮れてるようなきがする。ちなみにピクチャースタイル”風景”色温度”6000度”もうちょっと色温度は低くてもいいかな。

富戸、EOS 5D、2007/07/22、1/50 秒、F5.0、ISO100、15.0 mm

プロフィール

shin

Author:shin
神奈川県在住。
1963年生まれ。
ダイビングと蕎麦打ちが趣味。

Twitter
最新コメント
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
検索 2